RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

山野哲也ハンドリングクラブ 091122

2009.11.22 Sun
「山野哲也ハンドリングクラブ(初心者版)」に行ってきました。

前日の夜はワクワクしすぎてほとんど眠れてないです…orz

「ツインリンクもてぎ」には8時過ぎに到着。
このときの気温

3 ℃

ヤバイ。超寒い。
一応厚手のジャケットを持っていったのですが、寒すぎです。
走行は3グループに分けて行うのですが、1グループの走行時間は約20分。
一回走ると40分ほど外で待ってなければなりません。
雨も降ってくるし、めちゃくちゃ寒かったです…・゚・(ノД`)・゚・。
山々は紅葉してました~
南コース_091122 南コース_091122


ここからスクールの話になります。
朝のブリーフィング前に山野選手登場。
車は自分と同じGRBインプ!
山野選手&GRBインプ_091122
コースを走ってました。


ブリーフィング後は実際に走って、山野選手からアドバイスをもらいます。
1時間目:フルブレーキング
内容:全開加速→フルブレーキ
 想像以上に短距離で止まってくれました。

2時間目:コーナリング
内容:全開加速→右複合コーナー
 アンダー出まくりorz
 電子制御でグイグイ曲げてくれてるのはわかるのですが、
 自分の腕がへっぽこ過ぎるためドアンダー…(´・ω・`)

昼食は弁当やコンビニではなく、主催者側が用意してくれる暖かいご飯!
生き返りました~。

午後は全開走行。
午前中に練習したフルブレーキング、コーナリングを復習&実践します。
コースは白線のみなので、コースのはみ出し&スピンし放題。
安心して車の挙動を確認できます。
そこで、今回の目的のひとつである電子制御「VDC」の実験もしてきました。

VDC=ON
 滑りかけると状態を安定させようと電子制御が積極的に介入してきます
 下の動画にもありますが、介入されると「ガクッ!」と強烈な衝撃がキマス。
 ※衝撃の大きさ(姿勢を安定させるためのカウンター動作)は速度&状態によります
 そして、ド安定。
 これはすごい機能ですが、サーキットではちょっといらないかもですね。

VDC=トラクションモード
 ある程度滑っても介入してきません
 VDC=ONよりも介入時の制御は緩め…かな?

VDC=OFF
 電子制御を全て切った状態
 車の挙動がわかりやすく、自分で全て操作するのでおもしろい!
 滑らせることもできますし、「南コース」で練習&楽しむならこのモードですね~。

また、午後は自分の車を山野選手に運転してもらうことができます。
※このとき、自分は助手席です。
ここではプロドライバーが愛車を運転すると、どういう動きをするのか体験できます。
とりあえず、そのときの動画をドウゾ。
☆左回り動画では、同じ場面を後部座席、フロントガラスの両方からそれぞれ撮影。
 また、25秒までVDC=ON、32秒までVDC=トラクションモード、以降はVDC=OFF。
 動画から挙動がわかると思うので、VDC動作の参考にでも…
■コース左回り_後部座席からのデジカメ動画

■コース左回り_フロントガラスからのドラレコ動画

■コース右回り_フロントガラスからのドラレコ動画

ブレーキングが鬼です。ハンパないです。
動画から、ブレーキの度に助手席の自分が前のめりになっているのでわかると思います。
これでも両足でめちゃくちゃ踏ん張っているんです…それでもだめなんです・゚・(ノД`)・゚・。
あと、ブレーキングを開始する位置が相当奥!
(1)全開加速状態で迫るコーナー(スポンジバリア付)
(2)路面は雨で濡れてるし、この速度でフルブレーキしたら確実に滑る…
(3)でもブレーキを開始しない山野選手
(4)\(^o^)/オワタ
(5)と思ったらフルブレーキング&旋回開始
(6)滑る4輪
(7)再度\(^o^)/オワタ
(8)と思ったら何事も無かったかのようにコーナーをクリア
(9)( ゚д゚)ポカーン

プロドライバーの運転は
すごい!
この一言に尽きます。

午後の走行では結構滑らせていたため、ゴムの溶ける良い匂いがしてました。
全プログラム終了後のブリーフィングで山野選手からアドバイスを聞いて、解散。
アドバイスを要約すると、
「まずはオーバーステア=車が曲がりやすい状態になるように練習。
また、プロでもオーバー、アンダーは出ているが、
それをすばやく感知するセンサが多く敏感で、
それを打ち消す操作が的確ですばやいので
あたかもオーバーアンダーが出ていないように見える&体感できる。
センサと操作を高度に組み合わせるのは至難の業。ひたすら走行して練習あるのみ」

撤収作業後、山野選手の車をパシャパシャ撮影してたら、
自分の車の横につけてくれました!
091122_GRBインプが2台! 091122_GRBインプが2台!
自分の車よりも車高がかなり低い…
黒くて見えてませんが、自分の車よりもさらに長い(低い)リップスポイラーが付いてます。
091122_車高が…
ついでにアドバイスもいただいたり。

帰りはお約束の高速渋滞数十キロに巻き込まれて帰ってきました。

今日は自分の車の挙動の確認ができて、すごくためになりました!
VDCやAWD制御を実際に経験することができたのは非常に大きなプラス要素です。
また、愛車のすごさを改めて実感でき、一段と好きになりました。
「山野哲也ハンドリングクラブ」にはまた参加しようと思っています。
ちゃんとしたサーキットを走るのは、もうちょっと「ハンクラ」で修行してからかな~?

ドラテクを向上&車の挙動を確認したいと思っているなら、絶対にオススメですよっ!
あ、あと、自作の車載カメラ用マウントはプロのフルブレーキングにも負けず、
しっかりと撮影できてました!満足~♪お試しあれ。

Category:サーキット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<入力装置 | HOME | 復元!>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://sti20th.blog93.fc2.com/tb.php/103-2f4ee130

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。